BLOG

おいしい梅干しを食べるひと工夫

おいしい梅干し 通販

梅干しはそのまま食べてもおいしい日本の伝統的な副菜です。

こちらでは、贈答用のお取り寄せギフトとしても人気の、おいしい梅干しをよりおいしく食べるひと工夫をご紹介します。

味覚のメカニズム

私たちは食べ物を口にした時に味を感じるメカニズムをもっています。

人間は口内に味細胞と呼ばれる細胞をもっていますが、味細胞は特に舌の上に集中していてその中には味蕾(みらい)と呼ばれる感覚器官があります。

この味蕾で甘味・酸味・苦味・塩見・旨味の5つを感じ取り、神経細胞のニューロンを通して脳に味の情報が送られます。

味覚は鍛えれれる

実は味覚は鍛えることもできますし、鍛えなければ感覚が鈍っていくのでもあります。

例えば、最近は化学化合物によって味付けされた食べ物も多いですが、人間の味覚はあまりにも強すぎる刺激を与え続けると慣れることで麻痺していきます。

味付けが濃い食べ物を好む人は、感覚として味覚が鈍く濃い味付けでないと味を感じられないのです。

おいしい梅干しの条件は、ただ酸っぱいだけではなく程よい旨味や甘味もあるものです。

つまり、鈍っている感覚を鍛えなければ酸味の中にもほのかな程よい旨味を感じられるようになり、おいしい梅干しをよりおいしく感じられるのではないでしょか。

味覚を鈍くするには?

人間の味覚は5つの味を相対的に感じ取るので、ただ味があるものよりも甘味の中にある酸味や苦味の中にある甘味をより強く感じ取るようになっています。

つまり、味付けが薄い食材でも、他の味との組み合わせ次第では十分に感じ取ることができます。

おいしい梅干しがご飯と合うのは、糖分であるご飯の甘味により梅干しの酸味や旨味が際立つからです。