BLOG

カルシウムの吸収率を高める無添加サプリメントの梅肉エキス

梅肉エキスには、まだまだいろいろな効果が期待出来ます。
その中には、梅肉エキスがカルシウムの吸収率をアップさせてくれる効果があります。

 

そして、カルシウムの吸収率をアップさせると言うことは、骨粗鬆症にも効果的と言うことなのです。
カルシウムが私達にとっていかに大事なものであるかは、みなさんは、理解しているはずです。

 

若い人たちなら、まだそれほど、心配もしていないのかもしれませんが、高齢者になるほど、カルシウムの不足は切実な問題です。
骨、歯を作っているのがカルシウムであることは、言うまでもありません。

 

骨、カルシウムに、99%以上のカルシウムが使われて、残りの1%は、血液中に混じっています。
ただし、血液の100㏄に対して、カルシウムの含有は、10㎎ほどです。

 

そして、血液の中では、カルシウムの量がいつも同じ状態で温存されています。
これは、人間が健康で生き続けるための原則です。

 

もしも、カルシウムの量が温存出来なかった場合には、カルシウムは、骨から持ち出されることになります。
血液の方はそれでなんとか賄うことが出来るかもしれませんが、骨の方は一体どうなのでしょうか。

 

骨はカルシウムを不足させて、スポンジのようなスカスカの状態になってしまっているのです。
骨は、非常に脆くなり、これが、骨粗鬆症なのです。

 

実際に、骨粗鬆症が、直接的に命に影響をもたらすものではありません。

 

しかし、だからいいという訳でも決してありません。
骨粗鬆症によって、身体の重みで、背骨が潰れてしまったりという現象も起こります。

 

骨粗鬆症は、骨の全滅として捉えるべきです。

 

転倒すれば、簡単に大腿骨頸部骨折となり、一度、高齢者はそのような病気にかかれば、車椅子の生活を余儀なくされてしまうことも決して、稀なケースではありません。

 

だから、私達は、早い時期より、梅肉エキスを意識して、カルシウム吸収率アップを目指していかなければならないのです。
年齢とともに、カルシウムの吸収率は低下しています。

 

決して、高齢者になって、同じ状態で、同じカルシウムを摂取し続けることは出来ないのです。
日本人など特に、カルシウムを摂取する量も少ないといわれています。

 

昔の人たちは、それでも、豆腐、大豆と言ったものから、積極的にカルシウムを取り入れる機会があったものの、現代社会に生きる若い人たちは、昔の人たち以上、カルシウムを取り入れる機会を見失っています。

 

今、現代社会ゆえ、無添加サプリメントの梅肉エキスが大事なのは、もはや言うまでもないことなのです。

梅サワーレシピ!美味しい梅サワーの作り方

梅サワーといえばお酒のイメージを持っている人も多いですが、アルコール抜きでもおいしいレシピを作ることは可能となっています。

 

アルコールが苦手といった人は、アルコールなしの梅サワーにチャレンジしてみてはどうでしょうか?

 

梅サワーですが、すっきりした味わいが魅力的な飲み物です。
サワーののど越しも最高ですし、また梅のさっぱり感が良い形で働いています。

 

梅についてはぜひとも自宅にも常備したい1品ですね。

 

青梅とりんご酢を活用した梅サワー

ここでは青梅とりんご酢を活用した梅サワーについて紹介したいと思います。

・青梅1kg

・氷砂糖1kg(またグラニュー糖)

・りんご酢1L

※保存用のビンですが、4Lタイプのものがおすすめです。

 

まずは青梅を水に2時間以上つけましょう。
梅を水につけることであく抜きをすることができます。

 

次に梅の下処理に入ります。
へたをとって、爪楊枝で梅に4・5箇所穴を開けます。

 

ビンについてはしっかり消毒しましょう。
熱湯消毒で十分です。

 

次は交互に青梅と氷砂糖を入れていきます。
さらにりんご酢を入れます。

 

これが原液となります。

 

梅サワーで楽しみたい方は、炭酸水でわるといいでしょう。
もちろんお水でも大丈夫です。

 

このように梅の原液を作っておけば、幅広い料理のレパートリーとしても活用することが可能です。

 

これはぜひとも生かしたいところですね。

 

他にも色々梅サワーレシピ

梅について幅広いバリエーションがあり、こんなものにも活用できたんだと驚くレシピもけっこうあります。

 

アルコールが好きなゲストにはアルコールと混ぜて提供しても喜ばれます。
梅酒については特に人気の高いお酒なので、さっと出せるようにしておくとうれしさも倍増です。

 

炭酸水ですが、カロリーについてもゼロとなっておりカロリーが気になる方にもおすすめの飲み物です。
欧米諸国では水のかわりに飲むといった人も多く見られます。

 

梅シロップと炭酸水であればそこまでカロリーを気にすることなく、おいしく味わうことが可能です。

 

前菜にも梅シロップは活用できます。
前菜メニューの1品として、野菜にかけてもいいですし、またお肉にも大変よくあうといった声もあります。

 

梅サワーのレシピはいかがでしたでしょうか?
こんなに手軽に自家製の梅サワーが飲めるなんてと驚いた人もいることでしょう。

 

ゲスト用にもぜひとも作っておきたい1品です。
梅で夏の暑さを乗り切りたいところでですね。

 

梅の成分から酵素も出されており、ダイエット効果も期待できます。

 

酵素は脂肪を燃やしてくれる働きもあります。

梅干し簡単レシピ!美味しい梅料理が手軽にできちゃう

梅干についてはさまざまなレシピに活用できます。
普段料理をされている主婦の方はどういった梅干しレシピを実践しているでしょうか?

 

例えば卵焼きに梅干を入れるといった人もいます。

 

夏場については特にお弁当が傷みがちです。
そうしたことから、卵焼きやその他のメニューに梅干を入れるといった人もいます。

 

梅干ですが、傷みを抑える効果があります。
お弁当などについてはどうしても傷みが気になるのでぜひとも活用したいところです。

 

中にはすっぱいのが苦手といった人もいますが、砂糖を入れればさっぱり感はあるものの、そこまですっぱいとは感じないはずです。
このようにレシピの中にちょっとだけ取り入れてみるのもおすすめです。

 

卵2個分の場合、下記となります。

  • 卵2個
  • めんつゆ(3倍濃縮) 小さじ1.5
  • 砂糖         小さじ1.5
  • 梅干 1個

 

その他(おこのみでねぎやほうれん草)
これOKです。

 

ちょっとした料亭みたいな卵焼きが完成します。

 

ねぎやほうれん草については冷凍ストックのものでも十分間に合います。

 

卵については毎日のように食べるといった人も多いことから、アレンジして食卓を楽しみたいところです。

 

またこんなものにも活用できます。

 

それは漬物です。
浅漬けに梅干をいれるだけで、さっぱりした仕上がりとなります。

 

浅漬けのレシピは下記となります。

  • きゅうり2本
  • 砂糖  小さじ1杯
  • 塩   小さじ半分
  • 梅干 2・3個

 

混ぜ合わせて30分ほど冷蔵庫に入れればできあがります。
漬物についてはこのようにちょっとした組み合わせとアレンジについても可能です。

 

漬物のもとについてはけっこう値段がします。
そうしたことからぜひともこういったレシピをいくつかもっておきたいところです。

 

日常で食べるものなので、手軽にすませることができるレシピはぜひとも作れるようになっておきたいところです。

 

また酒のつまみにも最適なレシピとなっています。

 

卵焼き、そして漬物については比較的ヘルシーなことからその点でもおすすめの品です。
節約の上でも外食を減らすことは重要なポイントの1つとなっています。

 

外食削減の上でも料理のレパートリーは広げておきたいところです。
料理上手だと家庭で食べるほうがいいといった家も多いことと思います。

 

作る側はみんながいない昼食を外食にするなどして、普段は手料理を振舞いたいところです。
おいしいレシピにたどりつけるといいですね。

 

レシピについてもこの機会に見直してしみてはどうでしょうか?

 

梅干などワンポイントアイテムを使うことでさらにレパートリーが広がることでしょう。

あんずと梅干しのパウンドケーキ!意外にあう組み合わせ

パウンドケーキについては人気の高いおやつの1つです。
ぜひとも焼いてみたいといった人も多いのではないでしょうか?

 

意外と簡単に作ることができるので、自宅でチャレンジしてみたいメニューとなっています。

 

また手作りのパウンドケーキについては、市販品よりもおいしいものも多いことから、1度作ると病み付きになるといった声も少なくありません。
ぜひともパウンドケーキにチャレンジしたいところです。

 

パウンドケーキですが、梅やあんずを使ったレシピについてもおすすめとなっています。

 

パウンドケーキに梅やあんずとはちょっと意外なイメージを持つ人もいるかと思いますが、これがかなりあうメニューの1つなのです。

 

梅やあんずですが「実」についても大変おいしいものです。
とくに梅酒やあんず酒を作るといった人は、残った梅を捨てるのがもったいないといった人も多いことでしょう。

 

ジャムなどに活用する人もいますが、パウンドケーキの具としてもぜひとも使ってみたいところです。

 

パウンドケーキの具としても活用できるあんずや梅ですが、レシピは下記となります。

 

  • 小麦粉70g
  • 無塩バター100g
  • 卵2個
  • あんずの実(あるいは梅の実)4個
  • あんず酒(あるいは梅酒)大匙3
  • 塩少々

 

このようなレシピで作ることができます。

 

ドライフルーツの代わりにあんずを使うといったものです。
ドライフルーツもいいですが、あんずについてももったいなのでぜひとも活用しましょう。

 

また梅で作ってもおいしく仕上がります。
梅やあんずについては酸味のイメージが強いかと思いますが、シロップ付けのものや味を出した後は果実として十分利用することが可能です。

 

あんずや梅のパウンドケーキといわれなければ、気がつかない人も多いレシピです。
この機会にちょっとかわったメニューもチャレンジしたいところですね。

 

梅やあんずについてはこの他、ご飯に混ぜてもおいしく仕上がります。

 

すし飯できゅうりとあんず、あるいはきゅうりと梅などさっぱり風味でいただくのもおすすめです。

 

夏場は特にこうしたものが恋しくなるのではないでしょうか。
ぜひとも食べたいメニューの1つです。

 

あんずでも梅でもおなじことがいえますが、お酒を作ったあとの残りをぜひとも活用したいところです。

 

ジャム以外にもこんな活用方法があるんだといったことを覚えてもらえれば光栄といえます。
おいしく食べてもらうためにもぜひとも一工夫を加えたアレンジをしたいところですね。

 

ちょっとした手土産にもっていくのも良いかと思います。

カリカリ梅とにんにくは相性抜群!レシピはこれ

にんにくが好きといった人もいることでしょう。
にんにくについては普段なかなか食べることができないものです。

 

食べたいと思っても、口臭などが気になることから休みの前の日などが解禁日といった家庭も多いのではないでしょうか。

 

にんにくの代わりにしょうがを代用するといった人もいます。
にんにくが入っていると、料理についても味がぐんとアップします。

 

またにんにくは栄養素も抜群です。

 

夏場は特に意識的にとりたい食べ物となっています。
にんにくですが、自家製レシピを作っておくのもおすすめです。

 

特に夏場といえば、夏ばて防止の面でも梅と組み合わせたレシピがおすすめです。

 

カリカリ梅については食感もいいことから、ぜひともミックスしたい組み合わせとなっています。
ではどういったレシピがあるかというと、梅とにんにくのしょうゆなどもおすすめです。

 

これをなす焼きやおにぎりにかけて食べると大変おいしく食べることができます。
梅の食感を残しつつ、にんにくについても味わいたいところです。

 

にんにくですが、スタミナアップとしてもおすすめの1品となっています。
梅とにんにくを一緒に摂取できるのが、栄養素からもかなりいいものですよね。

 

また大葉などを入れるとさらに風味がでます。
大葉についても食欲をそそるものです。

 

レシピですが、下記となります。

 

カリカリ梅とにんにくの料理レシピ

  • 梅干 4個
  • にんにく 1個
  • しょうゆ300ml

 

まずはにんにくの皮をむきましょう。
梅干をちょっとだけくずし、にんにくと一緒にビンに投入します。

 

ビンについてはあらかじめしっかり消毒しておくことをおすすめします。

 

その後しょうゆを投入します。
これで1週間ほど寝かせておけば完成です。

 

非常に手軽に作ることができるのも大きな魅力です。
炒め物に活用するのもおすすめとなっています。

 

にんにくが入っていることで、風味もさらに増すことでしょう。

 

冷やっこにかけて食べてもいいですね。
食欲が落ちがちな夏場は特に、こうしたものを取り入れておいしく食事をいただきたいところです。

 

またチャーハンにかけるのもおすすめとなっています。
チャーハンについてもにんにくを使うことでぐっとおいしさがアップします。

 

いろいろなものに活用できそうなレシピです。

 

にんにくについては、あまり食べる習慣がありませんが風味付けに使うとおいしくいただけるものです。

 

週末は思い切ってぜひともにんにく料理を満喫したいところですね。

 

梅についてはにんにくのにおいを若干抑えてくれる効果もあります。

 

この効果についてもうれしいポイントです。